考える技術書く技術 感想 – みんなのレビュー:考える技術・書く技術 問題解決力を伸ばすピ …

バーバラ ミント『考える技術・書く技術―問題解決力を伸ばすピラミッド原則』の感想・レビュー一覧です。ネタバレを含む感想・レビューは、ネタバレフィルターがあるので安心。読書メーターに投稿された約332件 の感想・レビューで本の評判を確認、読書記録を管理することもできます。

66%(331)

【無料試し読みあり】「入門 考える技術・書く技術 日本人のロジカルシンキング実践法」(山崎康司)のユーザーレビュー・感想ページです。ネタバレを含みますのでご注意ください。

4.4/5(34)

考える技術・書く技術 (講談社現代新書) posted with ヨメレバ 板坂 元 講談社 1973-08-31 Amazon Kindle 楽天ブックス 30年前の本だけれどメインテーマは「いかに頭を使うか」とい []

『考える技術・書く技術 (講談社現代新書)』(板坂元) のみんなのレビュー・感想ページです(58レビュー)。

3.4/5(58)

「考える技術・書く技術」感想 「文章術」本を読んだよシリーズで今回取り上げるのは、「新版 考える技術・書く技術」(バーバラ・ミント)。 私は「ロジカルシンキング」の何たるか(誰が提唱し、どう広められ、定着してきた言葉なのか?

『考える技術・書く技術―問題解決力を伸ばすピラミッド原則』(バーバラ・ミント) のみんなのレビュー・感想ページです(442レビュー)。作品紹介・あらすじ:マッキンゼーをはじめ、世界の主要コンサルティング会社、さらにペプシコ、オリベッティ、at&tシステム、ユニリーバなどで

3.8/5(442)

最近、自分は問題をうまく分割して解決する能力や、他の人に分かりやすく伝える能力がまだ足りていないと感じていた。そのあたりを強化するために、おすすめと言われた「考える技術・書く技術」を読

ブログを本格的に再起動をさせるということで、ライティングに関する名著『考える技術・書く技術』(著者:バーバラミント)を読んでみました。 いやー、ぶっちゃけ超、難しかった。 大半は、何を言わんとしているのか分かりづらく、字面を追っているだけで終わったところがほとんど

考える技術・書く技術. . この本は、マッキンゼーをはじめ、世界の主要コンサルティング会社やペプシコ、オリベッティ、at&tシステム、ユニリーバなどでライティングを教えているバーバラ・ミントという人が、コミュニケーション力を高める文章の書き方を紹介しているものです。

前回に続いて鉄板書籍の『考える技術・書く技術―問題解決力を伸ばすピラミッド原則』を読んだので忘れないように書いていたことをメモしておきます。この本のテーマは、 主たる考えとその展開を明確に表現する 主たる考えをサポートする補助の考えを論理的に位置付ける ためのプロセス

今までレポートや企画書などの文章の書き方を教わったことがない。そんな人におススメしたいのが、今回ご紹介する『考える技術・書く技術

第1部 書く技術

「入門 考える技術・書く技術」読んだ感想 「入門 考える技術・書く技術」の Kindle 版を読んだ。 入門 考える技術・書く技術posted with amazlet at 14.01.05ダイヤモンド社 (2012-09-14) 売り上げランキング: 652 Amazon.co.jpで詳細を見る

『考える技術・書く技術』とタイトル通り!〈書く技術〉よりも〈考える技術〉が先に来ています。そう。文を書くには、そもそもキチンと考えられ、練られ、論理的な思考があってこそ、それをアウトプットできるのです。

序章 誤解だらけのライティング(日本人がロジカル表現を苦手とする本当の理由) ・日本語の8割の文章には主語がない ・日本語では、接続詞が気安く使えてしまう ・日本語特有の問題が、単に表現上の問題ではなく、考える行為そのものの足を引っ張っている。 誰も教え

Amazonで板坂 元の考える技術・書く技術 (講談社現代新書)。アマゾンならポイント還元本が多数。板坂 元作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。また考える技術・書く技術 (講談社現代新書)もアマゾン配送商品なら通常配送無料。

3.9/5(15)

先日⇒古賀史健『20歳の自分に受けさせたい文章講義 (星海社新書)』 – 基本読書 この本について書いたけれど、せっかくだからオススメの文章本である『考える技術・書く技術―問題解決力を伸ばすピラミッド原則』を紹介しようと思う。

『考える技術・書く技術―問題解決力を伸ばすピラミッド原則』は、コンサルティング系の会社では必読とされる書籍です。文章力のアップというよりは、論理的思考力のアップに重点を置いているので、実際に書く練習をしながら読むと、効果が倍増するでしょう。

Apr 01, 2011 · 入門考える技術・書く技術 – 日本人のロジカルシンキング実践法 – 山崎康司 – 本の購入は楽天ブックスで。全品送料無料!購入毎に「楽天スーパーポイント」が貯まってお得!みんなのレビュー・感想も満載。

4.2/5(138)

佐藤 優. 調べる技術 書く技術. SB新書, 2019年, 184p 「教養力」をつけることで、変化の早い時代でも、自分で考えることができるのです。 そしてそれは、インプットとアウトプット、両方が機能して得られるものなのです。

入門 考える技術・書く技術【スライド編】 が多い、結局何が言いたいのかがわからない、というのが意思決定者や上司の典型的な感想です。

(引用:入門 考える技術・書く技術) 読み手にわかりやすい文章を書く方法 では、読み手にとってわかりやすい文章にするための 「考えるプロセス」 とは何でしょうか。どうすればできるようになるので

Mar 01, 1999 · 考える技術・書く技術新版 – 問題解決力を伸ばすピラミッド原則 – バーバラ・ミント – 本の購入は楽天ブックスで。全品送料無料!購入毎に「楽天スーパーポイント」が貯まってお得!みんなのレビュー・感想も満載。

4/5(266)

トップページ > 【評価順】勉強・教育の本> 【読書感想】『考える技術・書く技術』板坂元 「知」に対する真摯な姿勢は時代を超えて共感する 『考える技術・書く技術』板坂元著 書評

Amazon配送商品ならThe Pyramid Principle: Logic in Writing and Thinking (Financial Times Series)が通常配送無料。更にAmazonならポイント還元本が多数。Barbara Minto作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。

5/5(4)

ビジネスマンのバイブルとして定評ある前著を、全面改訂。問題解決やプレゼンの技術を磨くためのノウハウも詳しく解説。

考える技術・書く技術 問題解決力を伸ばすピラミッド原則 新版/バーバラ・ミント(ビジネス文書)のhontoレビュー(感想)ページです。本の購入に役立つ評価やみんなのレビュー(感想)情報が満載。書店で使えるhontoポイントも貯まる。国内送料無料で、最速24時間以内出荷。

4.1/5

考える技術・書く技術―問題解決力を伸ばすピラミッド原則の書評を分かりやすくまとめています。特に重要な箇所は章別にランク付け。優良ビジネス書の書評・要約まとめサイト。

意見、感想。「私は・・・思う」と書いても良いのか、良くないのか・・・。論文、レポートでの自分の意見はどのように記述すべきなのでしょう。 学生の必読書として有名な木下是雄『理科系の作文技術』(中央公論社、198

Read: 31994

入門 考える技術・書く技術 論理的な文章が書ければ、ビジネスは円滑に進んでいく。そもそもビジネスは、論理的な要素にあふれている。戦略立案も交渉もマーケティングも、すべてが論理的である。感情に訴えかけるのは表面的な部分だけ,論理的な文章が書ければ、ビジネスは円滑に進んで

感想 全体的に非常に読みやすく、実践を意識した見本もあるので スラスラと頭に入ってくるように読めます。 やはり、考える技術・書く技術を解説している本だけあって構成がわかりやすいです。私は

倉島保美氏の著作「書く技術・伝える技術」についてとなります。 この本は一言でいうとビジネスライティング、つまりビジネス文書の技術や知識についてが書かれています。 ビジネス文書とはビジネスの世界で読み書きされる全ての文章を指します。

「情報過多の時代だから情報処理の技術を心得ておかないと翻弄されることになる」とは、 1973年刊行の本書に書かれていること。 さらに情報に振り回される現代こそ、本書の価値は高まっています。 学生・新社会人も必読! 「頭がいいとか悪いとか、ふだんよく使われる表現だが、もともと

論理的な考え方、書き方のために 山﨑康司『入門 考える技術・書く技術』の感想(1000字)

【読書感想】考える技術・書く技術 – 年収300万seの備忘録 17 users 学び カテゴリーの変更を依頼 記事元: akira1227.hatenablog.com 適切な情報に変更

書評:新版 考える技術・書く技術 ~問題解決力を伸ばすピラミッド原則~/バーバラ・ミント/ダイヤモンド社、2800円 勝間和代さんが「効率が10倍アップする新・知的生産術」で紹介していた本。

文章を書くときには論理構成を意識する; 入門 考える技術・書く技術. 今回ご紹介する「入門 考える技術・書く技術」は、まさに上の2点を踏まえた名著と断言できる内容、しかも練習問題付きとなっています。自信を持ってオススメできる良書です。

本書は、そんな日本人のために、下記の上級編『新版 考える技術・書く技術』の翻訳者が、入門書として分かりやすく書いたものです。 若い人だけではなく、部下の書いた読みにくい文書はどこが悪いのかうまく説明できない上司の方にもおすすめです。

今回課題図書に設定した『考える技術・書く技術』は、論理的に文章を書くための技術がおよそ300ページに渡って詳細に記述されています。書くことの技術書であり、まさに“カルピスの原液”。

概要読み手にとって分かりやすい文章を書く上で重要となるピラミッド構造の内部構造や作り方からピラミッド構造の文章中での反映の仕方までを説明した本である。ピラミッド構造とは 文章は下位のグループの考えの要約となっている グループ内の文章が同一の

考える技術・書く技術―問題解決力を伸ばすピラミッド原則の詳細ページです。この本の値段や、ページ数、ライブラリの登録者やその評価、感想、liblarやTwitterでのトピックなどを確認することができ

マッキンゼーで初の女性コンサルタントとなったバーバラ・ミントさんの本です。もともと、この本は、バーバラさんが、プロの経営コンサルタントを対象として、報告書のまとめ方を解説した小冊子「ピラミッド・プリンシプル」が元になっています。 考える技術・書く技術―問題解決力を

) 第2部 考える技術(ロジックの順序に従う;グループ内の考えを要約する) 第3部 問題解決の技術(問題を定義する;問題分析を構造化する) 第4部 表現の技術(文書構成にピラミッドを反映させる;文章表現にピラミッドを反映させる) 追補A 構造なき

ビジネスマンのバイブルとして定評ある前著を、全面改訂。問題解決やプレゼンの技術を磨くためのノウハウも詳しく解説。

本書の 第Ⅰ部「書く技術」と第Ⅱ部「考える技術」を読みます (約170ページ、30分〜2時間)。 各章・各節の導入部分のみ精読し、その他は、他の学習時間と調整のうえ、適度な時間で読みます(※3)

レポート考察について・・・レポートを書くときに調べたことを書いていった最後に考察を書くと思いますが。自分は調べて書いている途中に疑問に思ったこと書いてそれについてさらに調べて続きを書いていくみたいにしているんですが、それって考察っていえるんでしょうか?(つまり

私とは何かを考えるような人は、きっと内向きな人なんだろうけど、この本を読むと、外へと広がりを持って、自分を捉えられるように気がすると思う。 4位 戦争を記憶する 広島・ホロコーストと現在 藤原

この本のまとめとして、以下の2点を取り上げています。 1.誠実であれ 2.情熱と努力を持て <誠実であれ> 文章を書くにせよ、仕事をするにせよ、生活するにせよ、平凡ではあるが肝心なものは「誠実さ」です。 この「誠実さ」こそが書く人に対する評価にもなり、その仕事に対する評価に

――『考える技術・書く技術』よりもやや易しい内容。 時間が限られている状況であれば『考える技術~』をお勧めしますが、それぞれが同一の内容に対して違った言い方・順序でのアプローチを行っているため、両方を読めば反復学習同様の効果が得られ

「読む・考える・書く」技術 – 知的生産力を鍛える! – 午堂登紀雄 – 本の購入は楽天ブックスで。全品送料無料!購入毎に「楽天スーパーポイント」が貯まってお得!みんなのレビュー・感想も満載。

価格: ¥1571

考える技術・書く技術の概要図。クリックで拡大表示。 参考文献:「新版 考える技術・書く技術」(バーバラミント著 ダイヤモンド社) 下記クリックで購入できます。

読む、考える、書く技術が、50個書かれています。 知的生産力とは、情報を換金するということ. 情報を活用する、というのは、自分の人生をより満足度の高いものにする、ということですが、そのひとつが「お金に換える」ということです。

考える技術・書く技術 ワークブック〈上〉 – バーバラ ミント のレビュー全2件を最新順に表示します。 jugemユーザーのレビュー・感想

書く前に考える 普段からメールやレポートなど、文章を書いて表現することが多く求められます。しかし、私は学校などで「どう文章を構成するべきか」についていくつかの助言しか学んだことはありませ

* バーバラ・ミント著グロービス監修「考える技術・書く技術」,ダイヤモンド社.この本は,マッキンゼーなどの世界のコンサルタント会社でビジネス文書の書き方を教えるバーバラ・ミントが,ビジネスで必要とされる文章の書き方とそのための考え方

本を読んだきっかけ. 社内で考える技術・書く技術という本を勧めてくれる人が多いのだが、「結構難しい本なんだよね」という感想つきで勧めてくれるので手にとることを躊躇していた。

バーバラ・ミント氏のコンサル本を読んだ感想です。 まずは、第1部の書く技術について 演繹的と帰納的な書き方。 説明の仕方として、読み手のことを第一に考えるなら帰納的であるべきらしい。