本堂氏 – 本堂城(ほんどうじょう)とは

概要

本堂氏は清和源氏を称し、源頼朝の末孫を称する。鎌倉時代前半に陸奥国 和賀郡に土着し、南北朝時代に出羽国山本郡(現在の仙北郡)に進出した和賀氏の庶流と考えられる氏族である 。

出身地: 陸奥国和賀郡

とはいえ、和賀基義が足利尊氏から山本郡内安本郷・阿条字郷・雲志賀里郷を勲功の賞として宛行われたのは観応三年のこと。和賀氏がこの地と関係を結ぶのはこれ以降で、本堂氏は和賀氏の庶流として、室町初期頃に本堂に移ったものと推定される。

本堂忠親 生没年: 父:本堂朝親 本堂城主 伊勢守 正室: 1585-1645 茂親 本堂茂親 生没年:1585-1645 父:本堂城主 本堂忠親 本堂城主 伊勢守 1601-1645 初代常陸志筑領主 1614 大坂冬の陣 正室: 1610-1668 栄親 親澄 保親 源三郎 安之助 源太郎 本堂栄親 生没年:1610-1668

戦国期の本堂氏は、戸沢氏や小野寺氏に挟まれて微妙な立場でしたが、天正18年(1590)忠親は小田原に参陣し豊臣秀吉に本領の内八千九百八十石余を安堵され、関ヶ原の戦いに際しては徳川方につき、慶長七年(1602)常陸国志筑八千五百石に移され、子孫は交代

沿革 本堂城は本堂氏の居城である。 鎌倉時代、陸奥国和賀郡を与えられた和賀忠頼の三男である忠朝が承久2年(1220)、出羽国の本堂館ノ沢の地に進出し、本堂氏と改称して以後、この地域に勢力を張った。

本堂氏は陸奥国和賀郡に勢力をもった和賀氏の一族で、南北朝時代の頃に本堂に土着し元本堂城を築いて居城としたことに始まる。 天文年間(1532年~1555年)に本堂城を築いて山城である元本堂城より

【メモ】本堂氏は先祖を源頼朝の落胤とし、秋田県南部を本拠としていた。天正18年(1590)に豊臣秀吉が小田原の北条氏を攻撃した時、本堂忠親が参陣し、その軍功により秀吉から大名の地位を認められ「領知朱印状」をあたえられた。

サマリー

出羽・本堂城 (ほんどう-じょう)は、秋田県仙北郡美郷町の標高43mにあり、斉無川(矢島川)を天然の堀に利用した平城になっています。 最初の築城はよくわかっていませんが、 戦国時代 の1535年頃に本堂氏が築いたとされ、堀や土塁などの遺構が明瞭に残っています。

本堂氏(ほんどうし)は、日本の氏族。武蔵七党であった小野姓横山氏(猪俣氏)一門の中条氏の系統である多田氏の庶家の和賀氏の庶家である。 同族に鬼柳氏・須々孫氏・黒沢尻氏・江釣子氏・大釜氏な

インターネットの怪物インタビュー 本堂まさや(激裏情報代表) 聞き手/花田歳彦 2回目となった前回「20年の間には逮捕も..老舗サイト「激裏情報」代表・本堂まさや氏インタビュー2 「(僕は)代表者という名のパクられ要員、雇われ店長なんで」」では激裏情報運営の苦労などを語って

天正十四年(1586)小野寺氏が最上領に侵攻したとき、六郷氏も本堂・久米・金沢氏らとともに参陣している。また、天正十七年に秋田氏の内訌である湊合戦が起ると、六郷政乗は実季の要請に協力して出

本堂氏は、陸奥和賀郡の和賀氏の一族といわれ、南北朝時代に出羽山本郡に所領を得て移り、元本堂城を居城とした。 戦国時代、本堂氏は義親-頼親-朝親-忠親-茂親と5代にわたって続き、天正18年の秀吉による小田原征伐に参陣して本領を安堵された。

Jan 25, 2010 · 本堂氏、といっても地元の人でない限りはピンとこないだろう。というより、地元の人でも知らない人が多いのではないだろうか。本堂氏は大名ではなく、交代寄合という大旗本だったからだ。 本堂氏は、もともと秋田県で1万石ちょっとの小さな戦国大名

本堂氏(ほんどうし)は、中世から近世初頭にかけて出羽国山本郡(現在の仙北郡)の小領主である。江戸時代には常陸国志築を領する幕府の旗本となり、代々交代寄合に属した。. 32 関係。

本堂氏は和賀氏の庶流で、南北朝時代に陸奥から移って来たそうです。 はじめは山城の元本堂城を本拠としていました。 平城の本堂城を築いたのは天文年間(1532-55)と考えられています。 北の戸沢氏、西の安東氏、南の小野寺氏に挟まれながらも独立を

本堂氏とは? 本堂氏(ほんどうし)は、中世から近世初頭にかけて出羽国山本郡(現在の仙北郡)[2]の小領主である。江戸時代には常陸国志築を領する幕府の旗本となり、代々交代寄合に属した。脚注^

2015年11月23日に日本100名城スタンプラリー15番、足利氏館(あしかがしやかた)に行ってスタンプを押してきました。足利氏館(あしかがしやかた)は平安時代後期、源氏の祖、八幡太郎源義家の子義国、その子足利義康(足利氏祖)の2代にわたっ

本堂氏 本堂氏の概要 Jump to navigationJump to search本堂氏やつ いしぶみ八つ碑本姓称・清和源氏頼朝流小野朝臣横山氏流和賀氏支流[1]家祖本堂義親種別武家華族(男爵)出身地陸

最初に登壇したのは、製造現場で使われる研磨用の砥石やバリ取り用の工具を販売する株式会社ジーベックテクノロジーの本堂氏だ。ITに詳しくない本堂氏がkintoneに出会い、その可能性を信じて社内全体の業務改善を進めてきた軌跡を紹介した。

淡路島にある、安藤忠雄氏が設計した本福寺水御堂をご紹介します。蓮池の下にある本堂の世界観は一見の価値あり。6月からはスイレンが咲き、7月からは大賀ハスが大輪の花を咲かせます。

(冒頭写真は、我が郷里医学部故恩師の生家「観音寺」本堂を撮影したもの。)恩師ご夫人マチコさんが本堂前で撮影してくれた我々母娘の写真。本堂内の天井画。これが著名だそうだ。本堂内の展示物。マチコさんに聞き忘れたこれに関してもマチコさんに尋ね忘れたが。ネット情報によれ

What is one of the most precious moments in our life? I believe it is the dining moment and we should cherish, because it may affect the state of mind greatly.

インターネットの怪物インタビュー 本堂まさや(激裏情報代表) 聞き手/花田歳彦 3回目では「20年目突入の老舗サイト「激裏情報」代表・本堂まさや氏インタビュー3 「ウェブのネタって出た瞬間からもう老化が始まっている」」では激裏情報に集まるネタの歴史的変遷やサイトに集う会員の姿

志筑藩. 志筑藩はいまのかすみがうら市にありました。江戸時代に秋田からやってきた 本堂家 が藩主です。 新撰組に参加した 伊東甲子太郎 や 鈴木三樹三郎 も志筑藩にいたことで有名です。 細かく言うと、本堂家はやってきた頃、禄高が1万以下だったので志筑領の領主です。

本尊は源氏、足利氏の守り本尊である大日如来(だいにちにょらい)を祀る。 約4万平方メートルに及ぶ敷地は、元々は足利氏の館(やかた)であり、現在でも、四方に門を設け、土塁と堀がめぐらされており、平安時代後期の武士の館の面影が残されている。

p.30~32「本堂氏と宗家 和賀氏没落期の様相」村上士良 p.32に関連記述あり。 『北方風土 46』北国の歴史民俗考古研究誌、北方風土社/編集、イズミヤ出版、2003年8月 p.9~20「本堂氏の出自と家紋につ

本堂を称する氏に中世から近世にかけての出羽の本堂氏がある。 参考文献 編集 藤原義一「本堂」日本歴史大辞典編纂委員会編集『日本歴史大辞典 8』河出書房新社、 昭和 54年( 1979年 )11月。

先月、新たな国宝建造物が誕生した。その最新の国宝は、鑁阿寺(ばんなじ)というお寺の本堂。室町幕府を開いた足利尊氏で有名な、足利氏のかつての館の跡に建つ、鎌倉時代の建物だ。

日本の城がわかる事典 – 本堂城の用語解説 – 秋田県仙北郡美郷町にあった戦国時代の平城(ひらじろ)。同県指定史跡。この一帯を領有していた本堂氏の城館である。本堂氏は鎌倉時代前期にこの地に住み着き、元本堂城と呼ばれる山城を居城としていたが、天文年間(1532~55年)に、山城から

上田重温の二男に生まれ、本堂氏を継ぐ。盛岡の医学校および外国語学校を経て、明治25年帝国大学医科大学を卒業。ついで陸軍に入り軍医となり、日清戦争には野戦病院付、日露戦争には衛生予備隊長として出征。内科学を専門とし、44年東京第一衛戍病院

浅草寺の本堂はご本尊の聖観世音菩薩を奉安することにちなみ、観音堂とも呼ばれる堂宇である。 国宝に指定されていた旧本堂は昭和20年(1945)3月10日の東京大空襲により焼失したが、その後全国のご信徒からのご浄財により、昭和33年(1958)に今日の本堂が再建された。

駐車スペースあり。「本堂城跡」は、中世に陸奥国和賀郡で勢力を持った和賀氏の庶流・本堂氏が出羽国山本郡(仙北郡)に進出して築城した平城の跡で、内堀跡など保存状態が良いことから、秋田県指定史跡となっている。

小田原城主 北条早雲の遺言により二代氏綱が建立した北条氏の菩提寺です。秀吉が北条氏を滅亡させるまで、連歌師の宗祇、宗長、千利休の高弟の山上宗二らなどが、大徳寺文化を東国にもたらす場として重要な役割を担いました。均整のとれた屋根の本堂は、徳川の世となってから僧侶・菊

文禄5年時点での上杉氏築城技術を知るうえで、貴重な城郭ということになる。 しかし、慶長3年(1598)1月には、上杉景勝が会津へ移封となり(丸田も同行)、遺構は普請途中(未完)で放棄された様相を示している。 本堂山城縄張図(村松町史より引用)

桂宮院本堂は八角形の平面を持つ仏堂、いわゆる八角円堂である。現存する八角円堂は数少なく、国宝に指定されているものでは桂宮院本堂の他、法隆寺東院夢殿、法隆寺西円堂、興福寺北円堂、榮山寺八

一本堂 市原千種店 (姉ケ崎/パン)の店舗情報は食べログでチェック! 口コミや評価、写真など、ユーザーによるリアルな情報が満載です!地図や料理メニューなどの詳細情報も充実。

秋田県のご先祖調べ 令制国の出羽国と陸奥国の各一部からなります。 明治初年に出羽国が羽前国と羽後国の2か国、陸奥国が5か国に分けられ、 秋田県が成立とすると羽後国と陸中国の鹿角郡が含まれました。 戦国期以前の秋田県 平泉の奥州藤原氏4代が東北を支配していた時代、 比内郡の河田

奥州平泉にある中尊寺金色堂の歴史と、藤原氏の栄華にまつわる歴史ミステリーには、歴女ならずとも興味をそそられます。絢爛豪華な金色堂はパワースポットとしても有名です。中尊寺金色堂を含め世界遺産として登録され注目されている、黄金の都・平泉をご紹介します。

[PDF]

上海を長年撮影されている本堂氏に、写真の紹介とともに、大阪市との友好都市 提携45周年を迎えた上海の魅力をお話しいただきます。 日時: 令和元(2019)年 11 月 1 (金日曜日) 14 時から 15 時 30 分 (開場 13 時 30 分 ) 会場/定員: 大阪市立中央図書館 5 階 中

*関ヶ原の戦い後の1603年、佐竹氏が秋田へ移封された。出羽国(秋田県千畑町)から本堂茂親が入封し、1645年に陣屋を構えた。以来12代で明治を迎えた。交代寄合旗本の陣屋町のせいか古い町並みが色

奥州藤原氏の歴史と栄華のページでは 奥州藤原氏の初代である清衡から 最後の藤原氏と言える四代泰衡迄の 4人が行ったことや成し遂げた偉業、 また、どうしてこれだけの繁栄を築けたか等に ついてご紹介しています。 (写真は毛越寺本堂です)

本堂城(美郷町本堂城廻) 本堂氏といえば関が原後の戦後処理で、秋田から常陸に移された小大名として茨城にも馴染みがある。 本堂氏は石岡市の志筑城を陣屋とし、大身旗本としてそこで明治まで続いた。

昨年8月の台風20号により、境内の大木が折れて本堂を直撃し、屋根などが大きく破損した兵庫県丹波市山南町の石龕寺(堀井隆洋住職)の修復が完了し、このほど同寺で開眼法要が営まれた。同寺は足利氏ゆかりの寺で、法要には檀家ら30人ほどが集い、修復を喜んだ。 南北朝時代、足利尊氏は

足利氏館(足利市)の見どころや構造、歴史や雑学、さらに地図などのアクセス情報を写真つきで詳しくご紹介します。足利氏館は別名、金剛山、仁王院、法華坊、鑁阿寺と呼ばれています。足利氏館は鑁阿寺(ばんなじ)といい、真言宗大日派の本山です。

大岡氏は、多年法隆寺の修築を管理されていた仏堂建築の権威者であったが、遇々、氏の不在中に、同寺の金堂に事故を生じたため、首長としての責を負って閑地に在ったわけであるが、浅草寺本堂の新築と言う、後代に伝わる事業を主管する新任務を迎え

【2020年度版】-「中尊寺の本堂」 中尊寺は中世に奥州平泉の黄金文化が咲き誇った仏都の中心寺院で、世界遺産にも登録された数々の国宝、史跡が訪れる観光客を魅了します。本サイトではこの中尊寺の本堂について通常ネットでは分からないような現地の生きた情報を中立の立場で紹介して

上海観光親善大使を務めてらっしゃる本堂亜紀氏と撮影隊の一行が. 中国国家観光局駐大阪代表処主催のファムツアーにて、4月14日~16日に上海を訪問しました。 撮影隊が見た、感じた、最新の上海をご紹介します。 本堂 亜紀(写真家・モデル)

本堂氏は8500石という石高のため、ギリ大名扱いではなかったのですが、ついに明治になってすぐに1万110石となって念願の大名に列します。 この、本堂氏が大名になったというのは、実は私にとっては非常に感慨深いことなのです。

また「広隆寺縁起」には、推古天皇30年(622)、同年に死去した聖徳太子の供養のために、秦河勝により創建されたとある。いすれにしても、渡来系の秦氏の氏寺として創建された、京都最古の寺である。

岩手県平泉町。天台宗の東北大本山、中尊寺の公式ホームページ。2011年6月世界文化遺産登録。金色堂はじめ3000余点の国宝・重要文化財を伝える東日本随一の平安仏教美術の宝庫。

本堂前の燈籠は、元禄13年(1700年)に中村氏により寄進されたものです。 本堂の建築年代は、記録から寛文9年(1669年)とされていましたが、今回の解体調査により、外陣中央間仕切り部分に存する蓑束上部の実肘木から「寛文八年六月豊後之國日田郡友田

麺家りょうま本堂 (妙興寺/ラーメン)の店舗情報は食べログでチェック! 【禁煙】口コミや評価、写真など、ユーザーによるリアルな情報が満載です!地図や料理メニューなどの詳細情報も充実。

本堂のご案内 本堂は創建以来十数回もの火災に遭いましたが、そのたびに善光寺を慕う全国の信徒によって復興されてきました。現在の本堂は宝永四年(1707年)の再建で、江戸時代中期を代表する仏教建築として国宝に指定されています。間口約24メートル、奥行き約54メートル、高さ約29

本堂参拝もスンナリできて嬉しい出遭いがありました。拙寺の華美ともいえるゴチャゴチャ感はまったくなく、シンプルで初期真宗寺院の姿を真摯に伝えていました。 もたもう一つの感激は本堂背後右寄りの崖の法面に建つ層塔です。古いものでした。

本堂氏歴代の墓は長興寺本堂の裏手にひっそりと建っています。 石の中に顔を浮き上がらせた羅漢像は 石岡市在住の彫刻家である鶴見修作氏が発表しているスタイルでここでしか見られないものと思います。氏は毎秋に石岡の香丸資料館で展覧会を開催し

佐竹氏は源氏一族で,平安末期に源義光の孫である昌義が常陸国久慈郡佐竹郷(常陸太田市)に土着定住し,「佐竹冠者」と称したのが始まりである。初めは常陸奥七郷の豪族だったが,鎌倉・室町幕府の御家人として活躍する中で,貞義以降は代々常陸国

龍福寺(大内氏館跡)の観光情報 交通アクセス:(1)JR「新山口駅」から列車で20分。龍福寺(大内氏館跡)周辺情報も充実しています。山口の観光情報ならじゃらんnet 創建は、建永元年(1206)で初めは白石の地にあり、宝珠山瑞雲寺といい、臨

カテゴリ「本堂氏」にあるページ. このカテゴリには 8 ページが含まれており、そのうち以下の 8 ページを表示しています。