人柱 – 常紋トンネルから大量の人骨?タコ部屋労働や人柱伝説の真相に …

サマリー

人柱(ひとばしら)とは。意味や解説、類語。1 築城・架橋・堤防工事などの完成を祈って、神へ供える生贄 (いけにえ) とするために、人を土中や水底に埋めること。また、その埋められた人。2 ある目的のために犠牲となった人。 – goo国語辞書は30万語以上を収録。政治・経済・医学・ITなど

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 – 人柱の用語解説 – 人身御供の伝説の一つ。架橋,築堤,築城などの水利,土木工事技術が未発達の時代,柱の強化の目的で,生きている人間を水底や土中に埋めたこと。神の心をやわらげ,人身のもつ霊質が柱に乗移るようにするためといわれる。日本

人柱とは?歴史民俗用語。 ① 橋・堤防・城などを築くときに、工事の完成を祈り、神々の心を和らげるために、犠牲として人を水底や地中に生き埋めにすること。また、その埋められた人。 ② ある目的のために犠牲になった人。 >>『三省堂

【nanapi】 新しいWebサービスやアップデートがリリースされるころになると、インターネット上で「人柱」「じんちゅう」という言葉をよく見かけます。 「ひとばしら」じゃないの?なんでそんな物騒な言葉が?と思う方は多いと思います。そこでここでは、ネット上での「人柱」の意味と使い

「hotワード人柱」ツイート一覧。人柱が、俺っさ